先物取引って何?これから投資を行いたい方に向けた解説

これから投資を行いたい方に向けた解説ポイント

しまったでは済まない

先物取引のおこない方次第で、大きな利益を得ることが出来るチャンスです。
当然、リスクも高くなるんでしょって、および腰になります。
商品先物取引は、米、大豆、とうもろこし、小豆、金、白金、銀、パラジウム、ゴム、原油、ガソリン、灯油などに投資します。
多くの人は、資産運用での資産を増やすことを目的としています。
リスクは高くても、リスクのない元本保証の金融商品に比べると、利益を大きくするチャンスがあるため、資産運用を考えている人には、魅力的です。
普通は、買い物の際、商品の代金を単価の数量分支払い、引き換えに、商品を手に入れます。
これを現金取引といいます。
先物取引では、決めた日に、商品とその代金と引き換えに取引を決済することを、受け渡し決済といいます。
差金決済により、現物の受け渡しのことを考えなくてよいのと、取引に一般投資家も参加出来るようになるのと、受け渡しをしないため、自ら商品代金の総額を用意する必要がないのと、自ら保有していない商品を売れるということが、メリットです。
差金決済で取引終了すると、取引ごとに利益や損失が発生します。
商品先物取引開始して、利益や損失にかかわらず、それぞれ手数料がかかります。
商品先物取引には期限があり、期限になる月を限月(げんげつ)といい、最終取引日のことを納会日といいます。
日本の取引で多いのは長い取引期間のもので、短いものは、取引量が少ないため利益が上がらず売買出来ないため、流動性のリスクを伴います。

TOPへ戻る