これから投資を行いたい方に向けた解説ポイント

>

おいしい生き方

損益概算

東京商品取引所の、主な商品の呼値と取引単位他。
銀の取引単位10キロ(1万グラム)を呼値1グラムで割り算すれば、倍率は1万倍で、損益概算が、5円幅で5万円です。
白金の取引単位500グラムを呼値1グラムで割り算すれば、倍率は500倍で、損益概算が、50円幅で2万5千円です。
パラジウムの取引単位500グラムを呼値1グラムで割り算すれば、倍率は500倍で、損益概算が、50円幅で2万5千円です。
ガソリン、灯油、原油の取引単位50klを呼値1klで割り算すれば、倍率は50倍で、損益概算が、千円幅で5万円です。
ゴムは取引単位5トン(5000キロ)を呼値1キロで割り算すれば、倍率は5千倍で、損益概算が、5円幅で2万5千円です。

分散投資

商品先物取引法が施行されました。
商品先物取引業を行うには、商品先物取引業者の許可を、主務大臣から受ける必要があります。
投資家から預かる証拠金は全て、商品先物取引業者を通じて株式会社日本商品清算機構に預託され、分別管理されます。
商品先物取引の決済が円滑におこなわれるように管理されています。
はじめるには、商品先物取引業者の会社の商品先物取引口座を開設します。
本人確認の上、審査後、取引所の定める規定に従って取引することを承諾したことを証した約諾書を提出する必要があり、取引資金を入金すれば、取引可能です。
価格を予想する動向の分析は、ファンダメンダルズ分析とテクニカル分析の、大きく分けて2つの方法があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る